困ったときは示談交渉を頼もう

交通事故が起こった際には、一般的に被害者は加害者に対して民法上の不法行為としての損害賠償を請求することができます。
被害者の感情いかんによっては損害賠償をめぐる民事訴訟に発展してしまう場合もないわけではありませんが、通常であれば、被害者と加害者という、交通事故の当事者同士が話し合いをして、損害賠償の具体的な金額や支払いの方法などについて合意をする、いわゆる示談が行われて、それで問題が解決するという場合がほとんどです。
示談そのものは当事者である本人が直接行うこともできますが、もし任意の自動車保険に加入しているのであれば、保険会社の示談交渉サービスを使うことができます。
本人ではなく、保険についての専門知識をもったスタッフが示談交渉にあたるため、話し合いで相手に押し切られてしまい、不利な立場に置かれてしまうといったミスを防ぐことができますし、自賠責保険と任意保険を合算して被害者に損害保険金として支払う場合も多いため、そうした意味でも便利なものです。
ただし、このサービスが利用できるのは、双方に過失があって、保険会社が保険金を支払うことになる場合についてのみとなります。
相手に100パーセントの過失があるようなもらい事故であれば、損害賠償としての保険金の支払いを伴うことがありませんので、こうした場合には別途、弁護士を立てて示談交渉に当たることなどが求められます。

Filed under: 未分類 — touko 10:19 PM