賠償額と車両残存価格!事故時の修理代はどうなるの?

誰しも事故の当事者にはなりたくないものですが、その可能性はゼロではありません。
もし事故を起こしてしまい、相手の車を破損させてしまった場合は賠償することになります。
今後も乗り続けるつもりの車を壊されてしまったら、被害者は車を元通りにしてほしいと修理を要求するでしょう。しかし、その修理費用が当該車の時価より高くなってしまうことがあります。
例えば300万円で買った新車に5年間乗っていて事故に遭い、修理代が200万円以上かかるとすると、たいていの場合は修理の見積額は車の時価額より高くなってしまいます。このような場合は、この時価額が修理代の上限、すなわち賠償額となります。
時価額は車両残存価格ともいい、当該車と同一の用途・車種・車名・型式・仕様・初度登録年月の車の市場販売価格相当額をもとにして決められます。
逆に、600万円で買った新車ですぐに事故に遭ってしまった場合、修理代が200万円と見積もられたが買い換えたいので車の時価額を賠償してほしいと要求しても、修理に必要な200万円が賠償の上限となります。あくまで、まず全損か分損かが判定され、その上で修理費用と車の時価の安い方が賠償の上限金額となるのです。

Filed under: 未分類 — touko 10:21 PM